写真をクリックすると拡大します
 

12/1やったね!中原小学校6年1組 30人31脚全国大会へ!

 

2007年11 月11日に開催された『小学生による30人31脚全国大会』(主催:テレ
ビ朝日系列24局)に、東京都代表として、中原小学校6年1組が出場しました。
毎年恒例のこの大会は、全国から選りすぐられたチームで戦われ、TV放映の際も高
視聴率を誇っています。
中原小学校6年1組は全国大会での上位にこそ食い込めませんでしたが、数ある都内
の小学校の中から代表に選ばれたのは、快挙と言って良いでしょう。彼らの健闘に
心から拍手を送りたいと思います。彼らの勇姿は、テレビ朝日にて12月中(放送日
未定)にご覧頂ける予定です。楽しみにお待ち下さい。
※ASA仙川ではチビッコ達の活躍を応援しております。
活躍の情報がありましたら、お知らせ下さい。

 

                         
 
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 

若葉ソフトボール


男女が屈託なく競い合う姿は見ていて気持ちが良いものだ。
3年生から6年生まで約25名。
うち女子6名、メンバーになる前はキャッチボールもしたことがなかったという。
「勝ち負けより全員が試合に出るのが目標です」と清水正美監督。
「この頃は上下関係とか大人に怒られるということを知らない子どもが多いので、
そういうことも体験できる場でありたいと思います。」
厳しく優しい大人に見守られて子供たちは伸び伸びプレーしていた。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●



若 葉SC




葉小に拠点をおく若葉SCは、サッカーを愛する地域の人々と保護者によって
運営されています。
「サッカーが大好きな大人になって欲しいという思いで指導しています。
勝つことは勿論1つの目標ですけどね」と荒井コーチが指導目標を話してくれま
した。
定期的な試合をこなすかたわら、年4回の親子対抗試合(これはお父さんお母さん
が参加して大いに盛り上がる)、15年程続いているという焼津市の黒石小学校との
交流試合を兼ねた夏の合宿、3月の6年生追い出し会など行事が多いのも特色です。
「焼津の子達がこっちに来た時はお世話しますし、うちの子達が焼津に行った時は
全てお任せします。 お互い様ですからね。」
変化にとんだ活動を大人も一緒に楽しみたいという姿勢が好ましく感じられました。
 調布市では常に上位に名を連ねているという若葉SC、来る12月4日の調布市民
体育祭上位決定戦 (アミノバイタルフィールド)に6年生チームが出場します
(試合スタート10時10分予定)。もちろん狙うのは輝くメダル。ガンバレ若葉SC!

大きくなったた僕もサッカー選手になるんだ!


   祝!! 優勝!!

前回紹介させていただいた若葉SCが12月4日の大会にて見事優勝を飾りました。

 準決勝  VS調布第一小学校
キックオフ直後 第一小が緊張のほぐれない若葉の隙を突いて得点。
しかし、その直後、ペナルティエリアの外からのフリーキックを桜井優樹君が
直接ゴールに放り込み同点。
膠着状態の後、後半に入りゴール前の混戦から石田慎人君が押し込んで2点目を決め
決勝へコマを進めました。
 決 勝  VS調布イーグルス
お互いに決勝に進んだ強豪チームの対戦。前後半ともに攻めも攻め、守りも守ってスコアレス。
そのまま延長戦に突入!
延長戦前半、終了間際に藤井翼君のシュートが 決まり、そのままタイムアップ!
見事、優勝が決まりました。




今回の優勝メンバーの希望者には学生新聞社より小学生新聞1ヶ月分をサービスでお届けします。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

緑ヶ丘ジャイアンツ









『緑ヶ丘ジャイアンツ』は、調布市の軟式少年野球チームにおいて常に優勝候補
≪Bクラス(高学年)12回の優勝、Cクラス(低学年)7回の優勝≫に挙げられる強豪チームです。
本年度も未だに負け無しで、8月28日からの東京都学童新人戦軟式野球大会調布予選で有力候補に
挙がっています。代表の屋代さんに目標を伺ったところ『調布予選突破です』とのこと。
自信に満ちた声と表情だったので、きっと予選を突破してくれるでしょう。
あなたも地元の小さなヒーローたちを応援に行きませんか?
通常の練習はBクラスが土日に多摩川児童公園軟式野球場にて、Cクラスが日曜の午前に緑ヶ丘小、
午後に若葉小にて行っています。
見学・入部希望者は代表の屋代さんまでご連絡をお願いします。
Bクラス(監督:寒河江重信)
8月28日のBチームベンチメンバー 
関口 勇樹(若6) 高木 雄太(若5) 土橋 依吹(若5)
宮下  理(若5) 原田 英明(若5) 平塚 直樹(若5)
水野 晋宏(若5) 山下 大樹(若5) 山本 裕也(若5)
能登 原徹(若5) 三上 拓也(緑5) 鈴木 宏彰(緑5)
小野原 郁(緑5) 高橋  翔(緑5) 樽元 佑一(緑5)
菊池 建太(滝5)
Cクラス
   祝!! 優勝!!
前回の号にて紹介させていただいた緑ヶ丘ジャイアンツ再登場です。
調布大会では見事優勝し、都大会進出を勝ち取りました!!調布大会の結果は以下の通りです。
8/28
 一回戦 対杉森クラブ   19対2
 二回戦 対国領センガース 11対2
9/4
 準決勝 VS調布メンパース 10対3
 決勝  VSサンライズ   10対8 
都大会の結果につきましては、増刊号にて随時お知らせしたいと思います。

また、今回の優勝を祝すると共に都大会での健闘を願い、学生新聞社の協力を得て、
当店より緑ヶ丘ジャイアンツのメンバーに10月の1ヶ月間、小学生新聞を無料で
お届けさせて頂いています。
 
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

緑ヶ丘サッカークラブ


緑ヶ丘サッカークラブは、緑ヶ丘小学校の生徒を中心に60数名からなるチームです。創部から15年以上、今では創部当時のメンバーが指導者として活躍しはじめています。地域的に三鷹市・世田谷区と隣接することから練習相手には事欠きません。1年生は年1回、2〜5年生は年3回、6年生は年4回の大会があります。成績もなかなかのものです。代表にお話しを伺いました。『子供たちにはサッカーを一生のものにしてほしいですね。今の仲間と一緒に出来るのはせいぜい中学まで。高校生になるとみんなバラバラになってやめてしまう子も多いんです。大人になっても続けて、次代の子供たちを指導するようになってほしいと思っています。』
サッカー人気の高い現在、良い選手にはプロのクラブチームからスカウトもあるとか。なかなか難しい部分もあるようですが、おじいちゃんになっても孫とボールを蹴って遊ぶようなサッカーを愛する人になってほしい。そんな想いが伝わってきました。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
    ©asasengawa.All Rights Reserved.