仙川このまち通信    
新川在住 : 馬庭さん





▼2010年04月号

東北の地震から1ヶ月以上経ち、未だに余震も続いています。
東北の復興が早くされるよう願っています。
地震の日、娘は鎌倉の遠足中でした。
電車が止まり、近くの小学校で一晩明かして翌日に帰って来ました。
電気や水道がある当たり前の生活を考えさせられたと言っていました。
実は、私の母は昭和39年の新潟地震の経験者。日頃から地震の備え等聞かされ、
うるさいなあなんて思っていましたが、母の言った事が正しいと思いました。
特に脱出口の確保の仕方。後でドアが開かない時があるので、
揺れたら必ずドアに靴やスリッパを挟み開けておく。
寝る時も枕元に靴下をおく(避難する時にすぐ持って行けて、足を守れる)等です。
一年間ご購読ありがとうございました。

▼2010年03月号

私は毎年、「漢字検定」に挑戦しています。
三級から受け始め、順調に上がって来たのですが、準一級がなかなか受かりません。
準一級は三千字の漢字が対象です。
内容は、漢字の読み書き以外に四字熟語・対義語類義語・諺・故事等が含まれます。
憂鬱(ゆううつ)、挨拶(あいさつ)、牡蠣(かき)、茅葺き(かやぶき)、等が出ます。
毎回一点足りなくて落ちているので今年こそ合格したいです。
最後に私の好きな四字熟語を紹介します。
【点滴穿石 てんてきせんせき】
一滴一滴の小さな水滴も長い間には固い石に穴をあける事ができる。
わずかな力でも積み重なると非常に大きな力になる事。これを目標に頑張ります。

▼2010年02月号

先日、中学生の娘が学校のスキー教室(2泊3日)で長野まで行きました。
短い期間しか行かないのに用意が大変。スキーはレンタルですが、
ジャージ1着を買うのにもお店を何軒もハシゴし、家ではコーディネートの研究。
用意だけで3日もかかり疲れてしまいました。
実はその長野の施設には「赤ん坊を抱き抱えながら顔を伏せている母親の絵」があります。
夜中に見に行くと顔をあげているという噂が。今回見に行った生徒はいたのでしょうか?
今回はスキー以外に天体観測もあり、とても楽しかった様です。
娘はほのかに日焼けをして少し大人っぽくなった雰囲気で、満足気に帰ってきました。

▼2010年01月号

毎年年末年始になると、私が通っている書道教室の展示のお手伝いをしに近くの神社へ行きます。
これを終えるとやっと新しい年を迎えた気がするのです。
展示と言っても屋外なのでとても寒いですし、作品を飾る板が薄く画ビョウやテープを使うのは苦労します。
ですが参詣に来た人の「素敵ね」と言う声を聞くと報われた気がします。
更に夜、神社で燃やしている火の明かりが書を生き生きとさせて、幻想的な世界へと誘ってくれます。
この時書道を続けて良かったと思い、今年も頑張って行こうと言う気分になります。
昨年はコラムを読んで戴き有り難うございました。今年もどうぞ宜しくお願いします。

▼2010年12月号

今回は、私のお勧めのお店を紹介したいと思います。商店街の奥にある三和接骨院です。
私は以前、婦人科の病院に通っていた時「骨盤がかなり曲がっている」と言われ気になっていました。
この接骨院は手のひらサイズの小さな器具を使い、パチパチッと音をさせながら行います。
全然痛くなく安心して治療ができました!今では肩凝りや冷え性、胃腸の調子も改善され体調も良くなりました。
骨盤の歪みだけで体の健康に影響するなんて不思議に思いました
(あくまで個人の感想です。詳しくは病院にご相談下さい)。それでは皆様、よいお年をお迎え下さい。

▼2010年11月号

今年もあと1ヶ月と少しとなりました。
この時期に毎年悩まされるのが掃除や収納です。とても苦手でいつも憂鬱になります。
今年は「断捨離(やましたひでこ著)」を実行してみました。
「だんしゃり」とはヨガから来た言葉。モノを断つ・捨てる・モノの執着から離れると言う意味です。
やり方はいたってシンプル。モノを使うか使わないかで判断し処分します。
モノが少ないと収納は簡単。あっと言う間に大量の処分品が出ました(勿論寄付などもしました!)。
物の大切さが身にしみました。おかげで日頃から買う前に本当にに必要かどうか考えるようになり、
引っ越して以来物置部屋だった所が綺麗な部屋に変身しました。今年は綺麗な家で年を越せそうです。

▼2010年10月号

先日、仙川商店街の奥にオープンしたショッピングモールに行ってきました。
お店の広さにもびっくりしましたが、こんなに仙川近郊に人が住んでいるのかと思うほど、
人の多さに驚かされました。テスト期間に当たるため、買い物に行けない娘に頼まれ、
3日間連続買い物に行き、来店特典のマスクも貰ってきました。
この店のオープンのため、仙川商店街は大丈夫かと少し心配しましたが、
人の流れがそのまま商店街に流れたため、仙川の町は大にぎわいでした。
昔ながらの仙川商店街も大事にして行きたいものです。
車の通りも激しいので、お店のそばを通勤場所として使っている私は
いつもより、慎重に自転車を走らせています。
皆さんも、近くを通る時には、是非気をつけてくださいね。

▼2010年9月号

今年の夏は家族で江ノ島に泊まりに行きました。
娘は憧れのしらす丼に満悦。
私はあまりの暑さに調子を崩し、はまぐり汁しか飲めませんでした。
でもはまぐりの大きいこと!だしがきいてとても美味しかったです。
今回の旅で印象に残った出来事は、大学時代の友人に会った事です。
江ノ島の近くに住んでいるので会う事になりました。
卒業してから、何と20年ぶりの再会でした。二人で話した事の大半は学生時代の思い出話でした。
大学のたった4年間しか一緒にいなかったはずなのに、すごく長い年月を一緒に過ごした気がしました。
思い出話を沢山して楽しいひとときを過ごす事ができました。今年の夏はとても思い出深い夏でした。

▼2010年8月号

毎日暑い日が続きますが皆さんどうお過ごしでしょうか?
私の夏の行事はなんと言っても、「おらほせんがわ夏まつり」を見に行く事です。
もう24回目になるんですね。私は特に3日目のパレードは必ず見に行きます。
おらほ橋の上の端の方に席とりをしてパレードを見ます。間近に見えて、迫力があって、感動します。
今年は運動会でもおらほ祭りでもよさこいが見れてとても感激しました。
仙川までいつもは自転車で行っているのですが、あまりの人の多さに歩いて行きました。
この時、自転車の止め方のマナーの悪さにびっくりしました。
お祭りで楽しめた分マナーについて考えさせられた1日でした。

▼2010年7月号

最近、近所では、合気道や空手など、武道を習っている子供達が多いです。
道場も近いし、大河ドラマの影響もあるのでしょうか?
その中で、私は剣道を習っています。
この間、剣道の先生が心に残る素晴らしい言葉をおっしゃっていたので、今回はそれを紹介したいと思います。
剣道では、三流の人は、練習をさぼる事に喜びを感じ、
二流は、試合で負けると気持ちが落ち込む人の事をいいます。
一流となると、いつもどう上達できるのか、工夫をし、さらに超一流になると、
一年先の事まで考えて行動する人の事をいうそうです。
その話を聞いた後、剣道以外の普段の自分の生活全てにあてはまる気がしました。
三流にならないように頑張って行こうと思います。

▼2010年6月号

気候が安定せず、寒かったり、暑かったりする日が続いていますが、皆様はどうお過ごしでしょうか?
私には中学生の子供が一人いますが、今年は友達に誘われて、小学校二校、中学校一校、計三つの運動会を見に行きました。
小学校は、ダンスがあり、華やか。中学校は競技中心で、体育祭と言うイメージでした。
小学校は、ソーラン節、エイサー、花笠音頭など伝統的な踊りがあったのにはびっくり。
特にソーラン節は、南中ソーランと呼ばれ、民謡のソーランをアップテンポにアレンジしたものです。
荒れた学校の取り組みとして行われたことがきっかけで、ドラマの金八先生に取り上げられて、全国に広まったそうです。
黒の服、激しい踊り、組体操とのドッキングは、立派な物でした。
中学校は百足競争が迫力がありました。大人数の足踏みの揃いと、掛け声がすばらしかったです。
運動会はどれも元気一杯、若さ溢れるもので、見ているだけで、こちらも力が沸いてきて、とても素晴らしいものでした。

▼2010年5月号

今回からコラムを担当させていただきます馬庭憲枝といいます。宜しくお願いします。
仙川はここ最近目まぐるしく発展していますよね。
子供の頃、今はないお気に入りのお店や風景を時々思い出すことがあります。
まず、風景を言えば駅裏の竹林。もう面影はありませんが、ほっとする(今で言えば癒し系)の場所でした。
なかなか駅近くにこんな場所はありませんでしたね。お店では商店街裏通りにあったラーメン屋さんの隣のうどん屋さん。
とても小さなお店で、ごま風味の味は最高でした。他に商品が大量に積み上げてあった靴屋さん。
その量がすごかったのを覚えています。おじさんに言えば希望の値段、目的に合ったものをいつも出してくれました。
あの大量の中からよく覚えているものだと感心したのを覚えています。
新しい仙川ももちろん、古い仙川の風景も魅力的に感じるこの頃です。これからもよろしくお願いします。

             
 
 
    ©asasengawa.All Rights Reserved.