2012


 2008年はこちら
 2009年はこちら
 2010年はこちら
 2011年はこちら
 2012年はこちら




おむすびクラブ12月号のレシピ


Vol.11 超簡単!黒豆ごはん

材料:お米 2合 水 2合 黒豆 大匙山盛り2〜3

@ お米は普通に研いで炊飯器の内がまに入れ、普通に水加減をしておく。
A ザルに黒豆を入れさっと水で洗う。そのままフライパンに入れ、中弱火で黒豆を煎る。皮の真ん中が割れてきて、割れた部分に香ばしい色が付きそのまま食べて美味しくなったら火を止める(味見の時火傷に注意)。
B @の内がまにAの黒豆を入れ、通常の炊飯を行う。

そろそろおせちの準備が始まりますね。煮る前のお豆をすこ〜しだけとっておいてこんなご飯はいかがでしょう? 美味しくて・簡単!ですよ。炊く時にはお塩を入れずに炊くので、そのまま食べるなら塩やゴマ塩をかけても。おむすびにしても美味しいですよ!

提供:スパイス&ベーグルカフェ パンノメ (仙川町1-21-7 2F/03-6312-5169)




おむすびクラブ11月号のレシピ


Vol.4 牡蠣のガーリックソテー

材 料:牡蠣60g、バター40g、ニンニク1個、だししょうゆ大さじ1、片栗粉大さじ2、塩少々、胡椒少々

@牡蠣に軽く塩、胡椒をします。Aニンニクをみじん切りします。B@に片栗粉を塗します。Cフライパンにバターを入れ弱火にかけてバターを溶かします。D牡蠣を入れて両面を焼4分ソテーします。E牡蠣を皿に盛り付け、残ったソースにニンニクを入れて香りが出たらだししょうゆを入れて、牡蠣にかける。

提供:わいん場 (若葉町2-22-10/080-7022-2976)


おむすびクラブ10月号のレシピ


Vol.2 かぼちゃのサラダ ヨーグルトドレッシング 2〜3人分

材料:かぼちゃ100g、マヨネーズ大さじ2、
   ヨーグルト大さじ1、砂糖少々、レモン汁少々

@マヨネーズ、ヨーグルト、砂糖、レモン汁を混ぜ合わせてドレッシングにする。Aかぼちゃはわたと種を除き、一口大に切る。レンジで3分ほど加熱し、粗熱をとり軽くつぶす。B軽く塩、コショーして@を半量混ぜ合わせる。C盛り付け後、残りのドレッシングを半量トッピングして出来上がり!

☆かぼちゃはビタミン・カロチンが豊富でお肌にも良いですよ。

提供:となりのキッチン市原亭 (緑ヶ丘1-10-19/03-6909-0874)



おむすびクラブ9月号のレシピ


Vol.10 レタスのジュッ

材料:レタス1玉、にんにく1かけ、ごま油大匙2〜3

@レタスを一口大にちぎり、流水にさらして水気をよく切りお皿に盛る。Aニンニクを薄くスライスし、フライパンなどに入れ、オイルを入れ弱火にかける。Bにんにくがきつね色になったらレタスの上にオイルを「ジュ〜〜〜〜〜ッ」っとまわしかける(火傷に気をつけて)。C食べる時に醤油をかけて完成!

レタス一玉もあっと言う間に食べられちゃう!超簡単おススメレシピです。

提供:スパイス&ベーグルカフェ パンノメ (仙川町1-21-7 2F/03-6312-5169)



おむすびクラブ8月号のレシピ


Vol.3 アンチョビクリームチーズの包み焼き

材 料:油揚げ2枚、クリームチーズ30g、アンチョビフィレ10g(ペーストでも可)、黒胡椒少々、オリーブオイル少々

@アンチョビをみじん切りにし、クリームチーズ、オリーブオイルと黒胡椒を混ぜ合わせてなめならかにする。アンチョビは少しづつ入れ塩加減を確認する。A油揚げは半分に切り中を袋状に開く。B開いた油揚げの中に混ぜ合わせたクリームチーズをまんべんなく塗る。C魚焼きグリルで両面をそれぞれ3分づつ(弱火で)焼いたら完成です。

☆白ワイン、日本酒にぴったりなおつまみです。

提供:わいん場 (若葉町2-22-10/080-7022-2976)



おむすびクラブ7月号のレシピ


Vol.1 じゃこと木の実の小松菜ソテー 2〜3人分

材料:小松菜5〜6株、じゃこ、アーモンド3〜4粒
   にんにくのみじん切り、塩、こしょう、ごま油、
   醤油(以上すべて適量)

@小松菜を3aのザク切りにする。A熱したフライパンにごま油をひき、にんにく、じゃこを軽く炒める。B小松菜を芯、葉っぱの順で炒め、しんなりしたら塩、コショー、醤油で味付けする。カットしたアーモンドをトッピングして召し上がれ。

☆木の実はピーナッツ、カシューナッツ、くるみetcで代用OKです。

提供:となりのキッチン市原亭 (緑ヶ丘1-10-19/03-6909-0874)


おむすびクラブ6月号のレシピ


Vol.9 簡単!茄子の浅漬け 2人分

材料:茄子2〜3本(キュウリやカブでも)、塩麹小さじ1
   塩小さじ1 水1カップ(200cc)

@なすは縦半分に切り、1センチくらいの斜め切りにする。Aビニール袋に残りの材料をすべて入れ、揉んで良く混ぜる。B茄子を漬け、1日たったら食べごろです。軽く水けを絞って召し上がれ!

※お好みで辛子醤油をたらしても。

提供:スパイス&ベーグルカフェ パンノメ (仙川町1-21-7 2F/03-6312-5169)



おむすびクラブ5月号のレシピ


Vol.2 そら豆の塩焼き

材 料:そら豆3本、卵白1個分、塩適量

@そら豆の全体に卵白を塗ります。
Aその上に塩を全体が白くなる位たっぷりと振りかけます。
B魚焼きグリルに入れ、中強火で片面を5分30焼きます。
 ※外側が焦げても大丈夫です。
Cひっくり返して裏も同じ時間蒸し焼きすれば出来上がりです!

提供:わいん場 (若葉町2-22-10/080-7022-2976)


おむすびクラブ2月号のレシピ


Vol.8 菜の花の昆布締め風 2人分

材 料:菜の花1把、塩小さじ1/3〜1/2
   乾燥の海藻(がごめ昆布やワカメなど)1〜2つまみ

@鍋に水を入れ、半分に切った菜の花を入れる。茎の太い部分は縦半分にも切る。A鍋を中火にかけ、沸騰しない位(80度)で茹でザルにあげる。茹ですぎると美味しくないので、ギリギリ火が通ったところまで。すぐにザルにあげ、流水で冷やす。Bビニール袋に水気を切った2を入れ、塩を入れ混ぜる。Cさっと水で洗った海藻を3に入れ、混ぜて空気を抜くようにしてビニールを縛る。一晩冷蔵庫で漬けておく。
※海藻の量で塩は加減して下さい。

提供:スパイス&ベーグルカフェ パンノメ (仙川町1-21-7 2F/03-6312-5169)


おむすびクラブ3月号のレシピ


Vol.1 桜えびのチーズガレット

材 料:粉チーズ (20g)、桜えび (3g)

@テフロン加工のフライパンに粉チーズを薄く
 フライパンの底が見えなくなる位に敷き詰めます。
 ※チーズが多すぎるとパリッと仕上がりませんのでご注意!
Aその上に桜えびを散らすように乗せます。
B桜えびの上から粉チーズをパラパラと振りかけます。
C弱火でじっくり焼き上げます。チーズの端が固くなってきたら
 フライ返しで裏返して、2分程焼きあげて完成です。

カリカリのチーズの香ばしさがワインにもビールにも合います!

提供:わいん場 (若葉町2-22-10/080-7022-2976)


おむすびクラブ2月号のレシピ


Vol.7 青菜としらすのぺペロンチーノ 2人分

材 料:パスタ(乾麺)200g、青菜1把(小松菜やかき菜、ほうれん草)、にんにく1片、オリーブオイル、しらす、(お好みで唐辛子の輪切り小さじ1)

@ パスタを茹でるお湯を沸かす。塩はたっぷり。
A ニンニクをつぶすかみじん切りにしてフライパンに入れる。大匙4ぐらいのオリーブオイルを入れ弱火にかける(辛いのが好きな人は唐辛子も一緒に入れる)。丁度いい色の少し手前で火を止めておく。
B 青菜を一口大に切っておく。お湯が沸いたらパスタを茹でる。
C 茹であがる2分前ぐらいになったら、Aのフライパンを火にかけ青菜を少ししんなりするまで炒める。パスタの茹で汁を150cc位入れ沸騰させる。
D 茹であがったパスタをフライパンに投入する。振りながら全体を乳化させる。味見をし、塩加減を整える。
E お皿に盛りつけてシラスを乗せ、胡椒を全体に振りかけて出来上がり。

提供:スパイス&ベーグルカフェ パンノメ (仙川町1-21-7 2F/03-6312-5169)



 

    ©asasengawa.All Rights Reserved.