2011


 2008年はこちら
 2009年はこちら
 2010年はこちら
 2012年はこちら




●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


■おむすびクラブ12月号のレシピ
干しダラのグラタン 2人分

材 料:干しダラもしくは塩ダラ300g じゃがいも300g 玉ねぎ中1個
    ニンニク1/2かけ オリーブオイル大さじ2
ベシャメルソース : 牛乳2カップ 小麦粉30g バター30g
          ローリエ1枚 塩コショウ適宜

@干しダラを使う場合は前夜に水につけ塩抜きをしておく
Aタラを鍋に入れかぶるぐらいの水を加えて軽く茹でる
B茹でたタラの皮、骨を取り除き身をほぐす
Cじゃがいもは皮をむきサイコロ状に切って素揚げする
D玉ねぎを輪切りにし、オリーブオイルでにんにく、
 ローリエと一緒に透き通るまで炒める
E玉ねぎ、揚げたじゃがいも、ほぐしたタラを軽く混ぜて耐熱皿に敷詰める
Fベシャメルソースを作り、耐熱皿の上にかけてお好みで
 パルメザンチーズやパン粉を散らす
G180度のオーブンで15分ほど、焼き色が付くまで焼く

★ポルトガルの国民食であるバカリャウと呼ばれる干しダラ、
それを使ったグラタンは家庭の代表的な料理です。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


■おむすびクラブ11月号のレシピ
スイートポテト 6個分

材 料:さつまいも400g バター30g 砂糖50g 生クリーム60ml 卵黄1個分
    ラム酒大さじ1 卵黄1/2個 水適宜 バニラアイスクリーム

@さつまいもは皮をむき乱切りにして水にさらす。

Aさつまいもを火が通るまで茹で、お湯を切り熱いうちにつぶす
 (その後網でこすとさらになめらかな食感に)。

Bバター、砂糖、生クリームを加えまぜる。C火にかけもったりするまで練る。

D粗熱が取れたら卵黄、ラム酒を混ぜいれ、オーブンシートに成型する。
 水で薄めた卵黄を塗り、180度で20分ほど焼き色がつくまで焼いたら出来上がり。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


■おむすびクラブ10月号のレシピ
アサリの白ワイン蒸し 2人分

材 料:あさり450g オリーブオイル大さじ2 にんにく1片 白ワイン大さじ2
    コリアンダー1房 塩・こしょう適宜 バター1片 レモン半分

@あさりは砂抜きをする。

A鍋を中火にかけ、オリーブオイル、みじん切りにした
 にんにくとコリアンダーを入れる。

B水を切ったあさり、白ワインを加え、蓋をし蒸し煮にする。

Cあさりが開いたらバターをいれ、塩こしょうで味を調え、
 くし切りにしたレモンを添えて出来上がり。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


■おむすびクラブ9月号のレシピ
簡単!インドのナン 2枚分

材 料:強力粉150g プレーンヨーグルト125g ベーキングパウダー小さじ1
    砂糖大さじ1 塩1つまみ サラダ油適宜

@材料を全部ボウルに入れ、ひとまとまりになるまで手で混ぜ合わせる。

Aボウルにラップをし20分ほど寝かせる。

B生地を2つに割り、小麦粉をはたいた台にのせ、麺棒で適度に平たくする。

Cフライパンを中火に熱し、サラダ油を薄く塗って平たくした生地を投入。
 焼き色がついたらひっくり返して同じように焼き目をつけて出来上がり。


☆材料ですぐ出来る、インドだけでなく色んなカレーや
 さらにはおかずにも合う超簡単ナンです。



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


■おむすびクラブ8月号のレシピ
タイの挽肉バジル炒め 2枚分

材 料:豚ひき肉150g バジルの葉8枚 生唐辛子(なければ乾燥のもの)2本
    にんにく1片 鶏がらスープ80cc オイスターソース大さじ1/2 ナンプラー小さじ1/2
    しょうゆ小さじ1 砂糖小さじ1 サラダ油適宜 ごはん2杯分 卵2個

@フライパンを熱し中火でみじん切りにしたにんにくを加え、
 香りが立ったらひき肉を加える。

A肉に火が通ったら、鶏がらスープと調味料を加える。
 みじん切りの唐辛子とバジルを加えて炒め、火を止める。

Bご飯に目玉焼きと共にそえたら完成!

Cフライパンを中火に熱し、サラダ油を薄く塗って平たくした生地を投入。
 焼き色がついたらひっくり返して同じように焼き目をつけて出来上がり。


☆タイの代表的な屋台ご飯です。半熟の目玉焼きとごはんと一緒に召し上がれ!



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


■おむすびクラブ7月号のレシピ
パエリア 大きめのフライパンで約2人分

材 料:鶏肉100g(角切り) 豚肉100g(角切り) 海老4尾
    玉ねぎ1個(みじん切り) トマト小1個(種を取って粗みじん切り)
    いんげん80g(筋を取り半分に切る) 赤パプリカ1/4(細切り)
    オリーブオイル大2 チキンスープの素1個 米1合 サフラン1つまみ
    にんにく1片 水3カップ 塩コショウ適宜 レモン適宜

@フライパンを熱し中火でオリーブオイルでにんにく、玉ねぎを炒める。

A肉類を投入し炒める。B米を入れ、周りが透明になるまで炒める。

C水にサフラン、スープの素を溶かし入れフライパンに投入、更にトマトも入れる。

D火を弱め、スープが半量に減ったらいんげん、赤パプリカ、
 海老を載せ、塩コショウで味を調整し、アルミホイルをかぶせて
 米の芯がなくなるまで火を通し出来上がり。

☆サフランは独特の風味と色が出ますが、手に入らない場合は省いてもOK!
 お好きな具を使い、レモンをギュっと絞って召し上がれ!


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


■おむすびクラブ6月号のレシピ
ココナッツサブレ 20枚分

材 料:バター125g 砂糖200g 卵1個 小麦粉125g 塩1つまみ
    ベーキングパウダー大さじ1
    ココナッツファイン80g(*ココナッツの粗い粉末)

@オーブンを190度で余熱しておく

Aバターを室温に戻して練り、砂糖/卵/ベーキングパウダー
 /ココナッツファイン/塩を入れ混ぜる。

B大きめのビー玉大に丸め、クッキングシートの敷いた天板に
 間隔をあけて置き、5〜6分焼く。

C平べったくなって端が茶色になったらヘラではがし、網にのせて冷ます。

☆オーブンさえあれば混ぜるだけで簡単に出来る、
 バターたっぷりサクサクのサブレです。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


■おむすびクラブ5月号のレシピ
ソーセージ&マッシュドカリフラワー 2人分

材 料:カリフラワー1/2株 生クリーム100ml 塩適宜 胡椒適宜
     お好きなソーセージ人数分

@カリフラワーは小房に分けて茹でる。

Aミキサーに茹でたカリフラワーと生クリームを入れ
 ピュレ状になるまで混ぜ、塩で味付けする。

Bフライパンでソーセージを焼く。

C皿に盛り、カリフラワーの上に胡椒を挽いて出来上がり。

☆イギリスの定番パブ料理、ソーセージ&マッシュのマッシュをポテトではなくカリフラワーで作ってみました。ふわふわの食感とほのかな甘さで肉料理との相性抜群です。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


■おむすびクラブ4月号のレシピ
ベトナム風揚げ春巻き 10〜15個

材料:えび100g 豚挽き肉100g 干ししいたけ3枚 きくらげ30g
   玉ねぎ1/4個 ニンニク一片 溶き卵1/2個 ナンプラー大さじ1
   白こしょう適宜 ライスペーパー小10〜15枚 レタス2,3枚
   人参1/4(千切り) もやし適宜 コリアンダー適宜 揚げ油適宜
たれ:酢大さじ3 ナンプラー大さじ3 水大さじ3 ライム汁大さじ1 砂糖大さじ1
   とうがらし1/2本(みじん切り) ニンニク1/2片(みじん切り)

@干ししいたけときくらげはもどしてみじん切りにする。
 えび、玉ねぎもざっくりとみじん切りにし、
 挽き肉と調味料、溶き卵と合わせ、ミキサーにかける。
Aしいたけときくらげを混ぜ込み、濡らしたライスペーパーで少量づつ包む。
 たれの材料は混ぜておく。
B揚げ油を中温に熱し春巻きをカラリとなるまで揚げる。
Cレタスを底が丸くなるように切り、春巻き、人参、もやし、コリアンダーの順にのせる。

☆ カリっと香ばしい春巻きに甘酸っぱ辛いたれの組み合わせが最高です。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


■おむすびクラブ3月号のレシピ
アレンテージョ風豚肉とあさりの炒め物 2人前

材料:豚肉200g あさり 200g ジャガイモ2個 ニンニク一片
   白ワイン150ml パプリカパウダー小さじ1 ベイリーフ1枚 塩小さじ1/2
   こしょう適宜 オリーブオイル適宜 サラダ油適宜 コリアンダー適宜

@豚肉は一口大に切り、調味料に一晩  漬け、アサリは塩抜きする。

Aフライパンにオリーブオイルを熱し、漬けた豚肉を炒める。
 同時に角切りにしたジャガイモをサラダ油で揚げる。

B炒めた豚肉にアサリを入れ、
 豚肉の漬け汁を足し火を通す。

C揚げたジャガイモを投入し、
 軽く混ぜ、刻んだコリアンダーを散らしたら出来上がり。


☆ 豚肉とアサリの組み合わせが新鮮なポルトガルの定番料理です。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


■おむすびクラブ2月号のレシピ
あったか鴨南蛮そば 2人前

材料:そば2人分 鴨むね肉1枚 長ネギ1本
   出し汁600cc 醤油大さじ3 みりん大さじ3 酒大さじ2
   片栗粉適宜

@鴨肉は薄くスライスし、分量外の醤油大さじ1にからめる。
 ネギの白い部分は厚めの斜め切りにし、
 グリルやトースターなどでこんがり焼く。
A出し汁と調味料を合わせ、煮立てる。
Bそばを茹で、ネギの青い部分をみじん切りにする。
C鴨に片栗粉をまぶし、出し汁の中に入れ軽く火を通す。
 茹でたそばに出し汁・鴨・焼いた白ネギ・青ねぎを散らし出来上がり。


■ 鴨肉は火を通しすぎると固くなるので煮立て過ぎないように。
  たっぷり七味で召し上がれ!


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


■おむすびクラブ1月号のレシピ
タラのコロッケ 約15個分

材料:じゃがいも300g タラ切り身300g
   卵1個 パセリまたはコリアンダー大さじ3
   塩・こしょう適宜 サラダ油適宜


@じゃがいもを皮ごと柔らかくなるまで茹で、皮をむきつぶす。
Aタラの身は軽く茹で、よくほぐし絞って水分を取る。
Bしじゃがいもにタラ、卵、みじん切りにしたパセリをいれ
 よく混ぜ、塩コショウで味を調える。
Cスプーンを2つ使い成型し、180度の油できつね色になるまで揚げる。

赤パプリカのマリネ(小皿1皿分)


材料:赤パプリカ1個 オリーフブオイル大さじ1
   ワインヒビネガー大さじ1/2 塩適宜


@パプリカは丸のままコンロの直火に置き、
 皮がまんべんなく黒くなるまで転かがしなかがら焼く。
A焼けたハパプリカをビニール袋に入れ、蒸らして皮が剥けやすくする。
B皮を剥き細長く切り、ワインヒビネガー、 オリーブオイル、塩、の
 マリネ液につけて出来上がり。


 

    ©asasengawa.All Rights Reserved.