ASA仙川 diary 2009 
     
新連載! 昭和×平成 : 所長×スタッフ 徒然日記
         
   

▼昭和生まれの橋本所長と平成の世を生きる若者スタッフが
徒然なるままに日記を書いていきます。
どんな思いで過ごしているか楽しみな日記です。
ご感想、ご意見を聞かせて頂ければ嬉しいです


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

         
             
    ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
             

0912
所長:財団法人文字・活字文化推進機構が「2010年秋には言葉の輝く国へ一国民読書年大祭典(仮称)を政官民の協
力で国民的な行事として取り組み」とあります。日本の高校生の読解力がOEDCの中で最下位である事が分かった。
文部科学省では学習指導要領に「言語活動の充実・新聞活用教育」を明記(読む・書く・考える・伝える)されました。

スタッフ青木:ハッピークリスマス♪いやー早いものでもうクリスマスの時期がやってきましたね。あっという間に一年がたっ
てしまいました。今回のクリスマスも緑ヶ丘担当の青木が去年に引き続きASAサンタをやりたいと思っています。
去年訪問したお客様は覚えてくれていますか?また新しいお客様のお宅にお伺いしたいと思っています。皆さん楽しみに待っ
いて下さいね♪ちなみに今年は夕刊はASAサンタのコスプレで配達したいと思っています。見かけましたらどうぞ気軽にお
声をかけてくださいね〜(トナカイは未定) 
 

0911
所長 : 職場体験で四中の学生さんが弊社に5名研修にこられました。全員が野球部に所属していたせいか、今時の中学
生にしては大人に見えた。初日は緊張している様に見えたが、習おうとする前向きな姿勢は我社の社員にも見せたかった。
大人との狭間で少々の社会人を経験して、まっすぐに伸びてほしい。研修終了してから手紙をもらいました。「新聞を毎日
読むようになりました」との便りがあり、とても嬉しく思っております。

スタッフ吉田:この間ヤンキースの松井選手が素晴らしい成績を残しましたね。自分が中学生の時に松井選手が甲子園で大
暴れしていたのを、覚えています。怪我など色々な苦労を乗り越えてこのような成績を残せるのは、地道な努力が実を結ん
だ結果なのではと思います。
これからも野球ファンに勇気と感動を与えてほしいです
 


0910
所長: 9/16日の新政権発足より、朝日新聞は100日キャンペーンを行っています。政権4年間を占う100日間
だと思います。日本がどこへ、自分はどこへ、経験した事のない時代が始まろうとしています。自己責任が重くのしかかっ
てきそう!

スタッフ殿所 先月のスタッフ中田のコラムで彼は10キロも痩せたと書いていましたが、私は逆にこの10年で20キロ
も太ってしまいました。(涙)なぜこんなことになってしまったんでしょうか?私の体脂肪率史を紐解いて見ますと・・・
いえ、私は過去は振り返りません。大事なのはこれからなんです!なんとかあの頃のスリムボディを取り返そうと満腹実現
党A氏の夕飯誘いを断ったり、ビリー隊長の厳しいエクササイズに精を出したりするんですが、結果は・・・・いえ、私は
過去は振り返りません。大事なのはこれから…後略 (来月よりスタートの中田・殿所のダイエット奮闘記へと続く…予定)

 
0909
所長
  今回の選挙の一票は世の中の流れを変える一票だった。中小企業の経費削減はあと骨を削るだけになっています。
大与党になった民主党 鳩山内閣の初仕事はムダ遣いにどっぷりつかっている「勘違い役人」の一掃から始めて ほしい。

スタッフ中田
 毎度私事で恐縮ですが、このコラムの順番が回ってきて、(今回で2順目) 地元スポーツジム・ルネサンス
仙川に入会して早くも1年ちょっと経ったことに気付きました。今では入会前のピーク時より体重が約10キロ落ち、改めて
驚いています。ジムスタッフの方のお話しでは、成人男子が1キロの脂肪を消費するのには8000?9000キロカロリーの運
動量が必要だそうです。(ジョギング15分で100キロカロリー程の運動量) 最初は結果が出ずにいやになって気持ちが萎え
てしまったりもしましたが、やはり一歩一歩こつこつやり続ければ、しっかり実を結ぶという、ごくごく当たり前の事を30
半ば過ぎにして改めて体感するところでした。しかし相変わらず実を結べない一人身…
最近空気もすっかり秋めいてきました・・・。本業でもしっかり実を結べるよう精進します。

0908
所長: 全国の青春が出揃った。 暑い夏はほとばしる汗の結晶が似合う。
人生の先生は青春だ。 誰しも素晴らしいものを持っている。今年も燃えてる甲子園。

スタッフ大川: 『余命3ヶ月の花嫁』という映画が、話題となりました。私は元々映画化になる前に、本を読んでおり、約
10年間医療現場に携わってきた者として、再度命の尊さを胸に刻んだ作品でもあります。まだ、私が病院勤務に就いて3年目、
癌の放射線治療の為、付き添いで同行していた患者さんがいました。20代女性、ご主人は癌で余命が少ないと知りながらも婚
約を決意。結局、治療の甲斐なく1ヵ月後に他界されました。彼女は最期の日、僕を病床に呼んで「ありがとうございました。」
と涙ながらにお礼を言って下さいました。もう、自分の限界を察してまで私を気遣ってくれたのです。生きたくても生きれな
い人が沢山居る中で、命を粗末にする若者が増えています。生まれた事の意味を今一度、考えてみてほしいと思います。
暑い陽射しの中、セミの啼く大木を見上げる。もっともっと私も精一杯生きなければ…。

0907
所長: 緑深く、女性はカラフルに酷暑の夏が始まった。釧路(私の生まれた所)の緑はまだ浅い。真夏でも25度を越える
事は少ない。梅雨もなし。死ぬほどつらいこの暑さ100日間の己との戦いが始まる。今年の仕事も選挙も熱いぞ!
歴史を作る選挙に参加しよう。

スタッフ本間 :ここ仙川に来て、早いもので4年半経ちます。この仕事は、なかなか、プライベートの予定を立てづらいの
ですが、逆に仕事に絡めて自分の趣味を組み込んでいけるのもこの仕事の良い所でもあります。自分の趣味は旅行に行くこと
ですが、日程にもよりますが、趣味と実益を兼ねて、読者の皆様と一緒に出掛けるのが楽しみになっています。この秋(10
月初旬)に、この店では初めて一泊ツアーを計画しております。皆様と楽しい時間が過ごせる事を楽しみにしています。たく
さんの方にご参加いただける事を首を長くしてお待ちしております。


0906
所長 挨拶: ( 挨 ) 軽くふれあう( 拶 ) 重くふれあうしない事をしないままにしておくと出来ない心の障害者になる。

スタッフ青木 皆さん、いつもお世話になっております。ASA仙川の青木です。お客様に好評の徒然日記、今回は満を持し
て私青木がお届け致します。そろそろ、今春新しく社会人となられた方々も、少しずつ自覚ができ「会社」というものに慣れ
始めた頃ではないでしょうか。僕もこの業界に飛び込み、一年を迎えました。初めは挫けそうになりながらも、お客様の「い
つも、ありがとう」の言葉に励まされ、続けることができました。僕には、何でも相談できる仲間が沢山います。辛抱強く、
僕の成長を見守ってくれたお客様もいます。誰でも、一人には限界があります。そんな時、さりげない言葉で元気が出たりし
ますね。2年目はもっと人に優しくをテーマに成長していきたいと思います。これからも応援、どうぞ宜しくお願い致します。

0905
所長:初孫が一年生に入学しました。60年前の自分がそこにありました。時代の流れと孫の夢にどれだけついていけるだろう。
出来る事なら、結婚式も曾孫も見たいものだ。
 
スタッフ殿所:皆さん、こんにちは。今回は12区(商店街)を担当している殿所がASA仙川店の朝の仕事ぶりをお伝えします。
(深々と一礼)さて、私達の朝は当然ながらとても早く、朝の2:30には作業場にてスタンバイします。皆、さすがに眠そう
です。そこへ新聞が到着し皆の顔が一気に引締まります。おやおや…Aさんだけは未だにお菓子を食べながら大あくび。(全く
困ったもんです)バタバタと新聞を降ろして、素早くチラシを入れ、キレイに叩いて、次々とバイクに乗せて、さあ!出発で
す。(熟練の技)新聞の入れ忘れや間違いのない様に慎重かつスピーディーに配達をしていきます。そして滞りなく (紙面の都
合上)あっという間に配達が終了。(疲)みんな一仕事終えたいい汗と笑顔で帰ってきます。いつの間にか顔を出した太陽もま
るで「お疲れ様!」と言ってくれているよう…(気のせいかもしれません)そして待ちに待った朝ごはんを皆で談笑しながら頂
き、一人、また一人と部屋に戻っていきます。そうです、私たちの本格的な睡眠はこれから…。(寝坊するなよ) …如何だっ
たでしょうか?こんな私達の厳しくも楽しい日常を支えてくれているのは、お客様の笑顔、そして何気ないやさしい一言だった
りするんです。(感謝)日々精進し、一生懸命頑張ってまいりますので、どうか私達ASA仙川スタッフをこれからもよろしくお願
い 致します。(再び一礼)

0904
所長:私の師匠がこの三月に一代で創業50周年を迎えました。情熱、信念、根気、決断、努力、実行、貫徹、洞察、育成
指導、頑固…いっぱい習ったのに後輩に伝える修行はまだまだ。 年輪経営を目指す。
 
スタッフ吉田:<心機一転> 日差しも暖かくなり、桜も開花しはじめて、良いですねこの季節。公園に咲いている桜を見
ると、自然に足を止めて見入ってしまいます。学校等では、入学式も始まり、新しい制服に身をつつんだ学生も多く見かけ
ます。そんな彼等を見ていると、自分も新たな気持ちで頑張ろうと思います。
将来、故郷の秋田県男鹿市で独立し、錦を飾るため心機一転!!今年はやります!!!   店長代行 吉田 真澄


0903
所長:「実篤の気持ち」 20歳で業界に入り気がついたら65歳。45年も続けているんだ…。今、分かる事は生涯現役を目
指すこと。お世話になった方々にどれだけ返せるか、日々勉強の連続です。
   この道より我を生かす道なし、この道を歩く。
 
スタッフ中田:何かと健康に敏感な昨今、巷ではジョギングブームが巻き起こっているとのことで、何でも休日の皇居にわ
ざわざジョギングの為に出てこられる方が多数おられるそうです。実は私も新装オープンのキャンペーンを見て地元仙川の
スポーツジム・ルネサンス仙川に入会したのが去年の7月。
 以来なんとか8ヶ月、今では週4〜5回は行かないとすっきりしないという体になってしまいました。夜はお勤め帰りの
方々、昼間はご年配の方も多く・担当区域のお客様ともよくお会いします。体を動かした後は雑念がすっかり消えて、無の
境地とまでは言いませんが、心身ともに大変爽快です。ジムの帰りにはビタミンとタンパク質を補充しようと、深夜のスー
パーへ。一人黙々と『最近きゅうり高いなぁ〜』『白菜ってこの時期安いんだなぁー』などと、主婦の皆様方にも負けず劣
らずの市場感覚を身に着け、自然と料理の手際もだいぶ良くなった今日この頃。
…我作る、故に我独り!?     今年は頑張ります。年男ですから   緑ヶ丘団地担当 中田 芳郎

0902
所長:「忘れもの」 
還暦もいつ越えたのか、生涯現役を自負して頑張っております。電車に乗り、降りる時、キップはどこ?カードと言う便利な
ものがあるではないか。老いては子に従え、核家族で子供もいない。ボケ防止に、料理にはまっている。
出勤前に鍵、手帳、携帯、薬、ティシュにメガネの、6点セットの点検メモをテーブルに貼りつけて、確認後いざ出勤。

スタッフ大川:「小さな女の子がくれた元気」 
毎日、朝刊・夕刊を配達していると決まった時間に出会う人がいる。挨拶を交わしている内に何とも言えない親近感が沸いて
くる。何日かお会いする事が無いと、余計なお世話であるが、休日なのだろうか?体調崩されてるのだろうか? などと考え
てしまう。ある時、小さな女の子が「最近会わなかったね」と声をかけてくれた。正直驚いたが子供が好きで、学生時代に塾
の講師のアルバイトをしていた自分にとっては、とても嬉しく温かい気持ちになった。彼女にしてみれば、何気ない一言でも
僕には寒さも吹き飛ばす位の元気をもらった。子供達の無邪気に遊ぶ姿や笑顔は本当に宝物だと思う。僕の配達区域に小学校
もあり、沢山の子供達とすれ違うが、この子供達全ての未来が明るく輝くものである事を願ってやまない。

           
 
    ©asasengawa.All Rights Reserved.